交通事故の示談金はいつ振り込まれる?慰謝料を早くもらうためには

交通事故の被害に遭ってしまった後は保険会社と示談交渉をすることで示談が成立し、示談金が支払われます。

では、示談交渉が成立してからどれくらいで示談金は支払われるのでしょうか?

また慰謝料を早くもらう方法はあるのでしょうか?

示談金が振り込まれる時期

示談金を受け取るためにはまず、示談成立後に示談書の内容を確認し、署名・捺印をして、加害者側の任意保険会社へ返送します。

これで損害賠償金を請求する被害者側の手続は終了します。

手続がスムーズに進めば、任意保険会社に示談書が到達してから、およそ2週間程度で示談金が支払われます。

示談交渉を弁護士に依頼している場合は、一旦弁護士の預かり口座に示談金が振り込まれます。

その後に弁護士費用を差し引いた金額が被害者指定の口座に振り込まれます。

そのため、示談交渉の手続きが完了してから、2週間〜3週間ほどで被害者の口座に入ります。

示談金を早く受け取りたいからと示談を急ぐことはしない

治療費などの出費がかさんでしまい、生活が苦しくなってしまった場合、示談金を少しでも早く受け取りたいと考える方は多いと思います。

しかし、加害者側との示談が成立するまでには、ある程度の時間がかかります。

しかし早く示談金を手に入れたいからといって示談の成立を急いでしまわないようにしましょう。

一度示談が成立してしまうと、被害者にとって不利な条件だったとしてもやり直すことができないためです。

治療費や休業損害は示談前でも請求可能

基本的に示談金は示談成立後に支払われます。

しかし治療費や休業損害については、仮渡金制度という制度で申請することで、示談成立前でも月ごとに振り込んでもらうことが可能になります。

治療費は、毎月かかった治療費の領収書を保険会社に送付する必要があります。

休業損害は、保険会社所定の休業損害証明書と前年度の源泉徴収票を取得し、保険会社に提出することで請求することができます。

示談金を早くもらうには

治療費や休業損害は毎月きちんと申請すれば受け取ることができますが、示談金は示談が成立しないと受け取れません。

示談金を少しでも早く受け取るためには、示談交渉をスムーズに進めなければなりません。

納得した形で示談交渉を早く終えるためには、弁護士に依頼をすることが確実でしょう。

示談交渉は被害者自身が行うことも可能です。

しかし示談交渉には専門知識を必要とするため、不慣れな方が交渉を行うと示談がスムーズに進まずに示談交渉が長引いてしまう可能性があります。

交通事故を専門に扱っている弁護士は示談交渉のプロですから、スムーズに示談を終えることができます。

また、必要書類の準備や過失割合の修正、後遺障害の等級認定まで、すべて弁護士に任せることができます。

さらに、弁護士に依頼すると示談金の計算方法が弁護士基準になるため、さらに高額の示談金を請求することができます。

まとめ

治療費や休業損害は示談交渉前でも申請をすれば受け取ることができます。

示談金がもらえるまでには早くても示談成立から2週間程度かかります。

示談金を早く受け取りたい場合は、示談交渉をスムーズに終わらせる必要があります。

そのためには、弁護士に依頼すると確実です。交通事故に遭ったらまずは弁護士に相談してみることをお勧めします。